〒651-1313 神戸市北区有野中町1-10-18

0120-461-817

神戸市北区、三田市の矯正歯科。矯正の費用、見えない矯正など。

ホーム院長紹介医院紹介診療時間・地図

症例紹介

Q&A

ご相談・ご予約・資料請求

院長Blog

スタッフBlog

ホーム»  症例紹介

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

歯が重なり合ってガタガタしている状態のことを叢生(そうせい)といいます。
この場合、歯ブラシが行き届かず虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
また見た目もよくありません。

治療前治療後

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が前に出過ぎているかみ合わせを上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。
歯が出ていると歯を折ったり、唇を切ったりすることが多く、また見た目にもよくありません。
将来的にも上の前歯がどんどん出てきて、歯の寿命も短くなることもあります。

治療前治療後

下顎前突

上と下の歯が反対になっているかみ合わせを下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。
食べ物がよくかめないだけでなく、発音や見た目(しゃくれた三日月のような顔つき)にも影響を与えます。将来的にも下の前歯に負担がかかりやすく、歯の寿命も短くなります。
成長期まえの6~8歳くらいに治療を開始しないと外科手術と矯正治療の両方をする必要があり、痛入が必要です。

治療前治療後

開咬

奥歯はかんでていも、前歯はかみ合わず開いている状態を開咬といいます。
奥歯のみに力が集中し、そのため奥歯の寿命が短くなります。
また、あごの関節にも悪影響を与え、顎関節症にもなりやすくなります。

治療前治療後

空隙歯列弓(すきっ歯)

特に前歯に多く見られる不正咬合です。成人になるとだんだんと歯と歯の間が開いていき、徐々に開きは悪化することが多いです。
乳歯や小学低学年の場合は軽度であれば自然に良くなることもありますが、早急な治療も必要なことがあります。

治療前治療後

過蓋咬合

かみ合わせが深く、下の前歯が上の前歯に覆われて見えない状態を過蓋咬合といいます。
特に前歯に強い力がかかるため、歯の寿命が短くなります。
また顎関節症にも障害が生じやすいです。

治療前治療後

交換期のトラブル

乳歯から永久歯に交代する、いわゆる混合歯列期は6歳頃から12歳頃までの数年間です。
その間に永久歯の生える順序が乱れると歯列やかみ合わせの形成が妨げられ不正咬合になります。
レントゲン撮影を行わないと気付かれないことも多いので、一度ご相談ください。

埋伏

時期になっても萌出してこない歯を埋伏歯といいます。この例は後ろの歯が寄ってきていました。埋伏歯と前後の歯に留め具をつけて本来の場所へ牽引しました。

埋伏

癒着

歯槽骨と歯の根が混合した状態を癒着といいます。癒着が起こると周囲の歯より低い位置になります。その高さのズレにより、前後の歯が移動し咬合が悪化します。乳歯の奥歯に良く見られます。

癒着

外傷

転んだり打撲して歯が破折、移動、脱洛することがあります。
例では、打撲して前歯が上方へ移動していましたので(▲印)、場所を確保して本来の位置へ戻るように誘導しました。

外傷

先欠歯

永久歯の本数が生まれつき少ない状態を永久歯の先天性欠損(先欠歯)といいます。
矯正治療により、入れ歯や差し歯、インプラントなど人工物で補うことなく、ご自身の歯の移動だけで解決することも可能であり。非常にメリットの多い治療を行うこともできます。

先欠歯

このページの先頭に戻る